オリゴ糖を無理なく食事に取り入れる方法

  オリゴ糖ってお茶や珈琲以外に、どうやって使うの?

  オリゴ糖を無理なく食事に取り入れる方法だったら、野菜や大豆などの食材を料理して使用することで十分よ。
  そうすることによってビタミンやミネラルなども同時に摂取することができるので、腸内環境を整える効果を高めることができるの。

  甘味料として使う以外には?

  食事で摂取する場合にはビタミンが豊富に含まれているアスパラガスやにんにく料理を作るだけで無理なくオリゴ糖を摂取することができるわ。
  オリゴ糖は難消化性で、腸内に長くとどまるから、腸内細菌の餌として利用されて増殖させることができるの。
  そうそう。アスパラガスにはオリゴ糖の他にもビタミンCが豊富に含まれているからアンチエイジングなどの効果も期待することができるのよ。

  野菜を選んで料理するだけでオリゴ糖が摂れるのね!

  そうよ。食事でオリゴ糖を摂取する場合には、食物繊維と一緒に食べると腸内を整える効果が高まるとされているから、野菜を食べて食物繊維が多くなることによって腸内細菌が増殖しやすくなる上に、さらにゆっくりと腸内で消化されるようになるので、長時間効果を持続させて体にいいのよ。

  大豆オリゴ糖ってあったけど、大豆料理を作ればいいの?

  そう!大豆オリゴ糖を摂取したければ、大豆などを積極的に食べることも効果的よ。
  大豆をそのまま食べたり、豆腐として食べてもオリゴ糖を摂ることができるわ。
   大豆オリゴ糖は甘みが砂糖の約70%もあるのにカロリーが半分だから、素材として使っている甘味料もあるけど、大豆に含まれているオリゴ糖は他のものよりも少量で腸内の善玉菌の増殖を促進することができるから、ちょっと料理に取り入れるだけで大きく違うわよ。
  料理は大変というなら、サプリメント等にも使用されているから探してみるといいわね。
腸内環境を整えることができることで、とてもオリゴ糖が注目されているけど、人間はビタミンなどの栄養素を腸内で消化吸収して、腸を健康な状態にすることで効率的に栄養素を体に取り込むことができるから、他の栄養との相乗効果のためにもとてもいい効果があるのよね。

  糖尿病の人は料理に気を使いそう

  糖尿病患者の方は急激な血糖値の上昇を抑えるために食物繊維やオリゴ糖を食事から摂るのが良いとされているの。
  難消化性で糖類の吸収を時間をかけて行うことができるのが大きいわ。
  最近では腸内の健康が糖尿病だけじゃなくて、うつ病などの精神的な病気などにも深い関わりがあることがわかってきているから、積極的に腸内環境を整えることによって健康的な生活を送れるようにしたいわよね。

  料理でオリゴ糖を取りいれたらいいことづくめね。

  ちょっと注意も必要よ。オリゴ糖があると他の栄養素も効果的に吸収できるでしょう?
  だけど、ビタミンなどは食べ物に含まれているものが吸収されるためには腸内が健康である必要があるの。
  適切な消化が行われていないと栄養素の消化吸収がしっかりと行われないから、逆に肌荒れや口内炎などの原因になってしまうのね。
  ビタミンをたっぷり摂ってるのになんで口内炎ができるんだろう?って思った人はもしかしたら腸内環境が荒れているのかも。まずは腸を元気にすることに取り組むことを考えたほうがいいかもしれないわ。

おすすめ記事

▲ PAGETOP