オリゴ糖とビフィズス菌の関係

  最近お腹の調子に波があるんだけど、どうしたらいい?

  腸の中のビフィズス菌が不足しているのかもね。
ビフィズス菌は腸内細菌の一つで、不足すると便秘や下痢などの症状が起こりやすくなるの。

  ビフィズス菌ドリンクは飲むんだけど、
便秘が改善されないのは?

  ビフィズス菌は、肉類中心の食事、ストレス、環境の変化、運動不足、加齢、などが原因で力が弱まってしまうことがあるの。ビフィズス菌だけ摂るんじゃなくて、一緒にオリゴ糖を摂ったらどう?
ビフィズス菌を増やすための餌になるのが、オリゴ糖なのよ。ビフィズス菌そのものを摂取出来る食品やサプリメントもあるけど、単体だと体に定着しづらいという弱点があるの。オリゴ糖はそれをカバーして定着させやすくさせることもできるの。

  オリゴ糖ってすごいんだね。

  難しいかもしれないけど、オリゴ糖は化学的には単糖が2~10個連結した構造をしていて、この構造のおかげで、胃や小腸で消化吸収されてしまわずに、大腸まで届くことが出来るのよ。腸内には体に良い善玉菌と、体に悪い悪玉菌が存在していて、ビフィズス菌はその中でもリーダー的な菌。 悪玉菌の増殖を抑える役割を担っているんだけど、それに活力を与えて増やす働きがあるのが、オリゴ糖だからビフィズス菌が入ったヨーグルトにオリゴ糖で味付けして食べる、でもいいわね。

  下痢っぽい人にもビフィズス菌は効く?

  善玉菌を増やすと、便秘改善にも効果があるし、逆に下痢の症状も改善されるのよ。下痢と便秘では全く逆の症状に見えるけど、どちらも腸内環境が悪くなっている事で起こる症状なの。善玉菌を増やすと腸の働きが正常になるから、便秘にも下痢にも良い効果が出てくるの。そして腸が元気になれば、体全体にも良い影響が出てくるの。腸は消化吸収を担っている場所なんだけど、免疫にも関係しているの。体全体の免疫バランスを担当していると言っても過言ではないわ。つまり、腸内環境が整っていれば排便が良好になる以外に、ウィルスや細菌に対しても強くなるっていうことよ。

  腸内環境が整っているって具体的にどういうこと?

  腸内環境が整っているというのは、善玉菌が悪玉菌よりも勢力を広げている時のこと。オリゴ糖は、大豆、ごぼう、ニンニク、玉ねぎ、などの一般的な食品にも含まれているけど、大量に含まれているわけではないので、食事だけで1日の推奨量を摂取するのは難しいかもしれない。効率よく摂取するためには、天然の原料から作られた市販のオリゴ糖を使うのが手軽でオススメよ。

  オリゴ糖ってどれくらい摂ればいいの?

  オリゴ糖の1日の推奨摂取量は5~10gとされているけど、便秘の時にはこれよりも多めに摂取すると良い効果が出ることもあるわ。便秘予防のために毎日摂取したければ、シロップや顆粒タイプのものをキッチンに常備しておいて、煮物やご飯にいれて炊くと簡単よ。砂糖の代わりの甘味料としてコーヒーや紅茶に入れてもいいし、ヨーグルトにかけて食べるのもいいわね。オリゴ糖は消化吸収されにくい性質を持っているので、ダイエットしたいけれども甘みが欲しいという人にも向いてるから効果的に使いましょうね。

おすすめ記事

▲ PAGETOP