便秘に悩む人がオリゴ糖を選ぶ理由

  便秘に悩む人はなぜオリゴ糖を選ぶの?

  それじゃ大きな理由を挙げてみるわね。

  聞かせて!

  一番の理由は、オリゴ糖が腸内に生息するビフィズス菌等の餌となるから。オリゴ糖は消化吸収されにくい性質があるから、腸にそのまま届いて腸の中でビフィズス菌のエサになって善玉菌を増やしてくれるの。善玉菌は腸内環境を整えて排便のペースを整える働きがあるんだけど、便秘って排便のペースが崩れた状態のことだから、善玉菌が活性化することでその状態を改善することができるってわけ。
  オリゴ糖が善玉菌の餌となって、善玉菌が元気になり、数が増えて十分な働きをすることができるようになるのよ。
  ただ、オリゴ糖は消化・吸収されにくいから逆に飲み続けると軟便になったりと、お腹がゆるくなることもあるのよね。だから自分に合う量を意識したほうがいいわね。

オリゴ糖が善玉菌にいいっていうのは私も耳にしたことがあるわ。他にも理由があるの?

  オリゴ糖はビフィズス菌等の善玉菌の大好物なのに、悪玉菌には好まれず食べられないということ。もし悪玉菌まで好んでオリゴ糖を食べて増殖してしまっては、腸内環境が良くなるとは言えないわ。善玉菌だけが増えれば悪玉菌の働きが弱まって、腸内環境が元気になって便秘の予防につながるのよ。

  腸内にいる菌どれもがオリゴ糖を食べるわけじゃないのね!

  そうよ。
  ビフィズス菌や乳酸菌は、乳酸や酢酸などの有機酸を作るんだけど、有機酸が増えると悪玉菌が減ってきたり、腸のぜん動運動を促進する働きがあるの。オリゴ糖をエサにすることでその活動を活発にできるのよ。

  有機酸って大事なのね

  そうなの。有機酸が増えると、悪玉菌が増えるのを抑えてくれるので腸内腐敗を防ぐことができるの。腐敗が進むと体の中に有害物質が増えてしまうから、おならが臭くなったり、もっとひどくなったら腸管から吸収されて、老化が加速してしまったり、病気につながったりしてしまって危険なの。

  腸内腐敗って怖い!
  便秘って軽く考えていたけど、便秘が起こっている状態は体のなかで色々な弊害がおこっているのね。便秘を治してどんどん悪いものを体から出さなくちゃ。

  それには腸内をキレイにすることが大事ね。そのためには腸内に善玉菌を増やすこと!だからそのお手伝いをするオリゴ糖が便秘に悩む人達から選ばれているというワケね。

おすすめ記事

▲ PAGETOP