オリゴ糖とヨーグルトを一緒に食べるメリット

  あのね、昔から牛乳を飲むとお腹がゆるくなるというか、下痢になってしまうんだよね。だけど、母親が飲め飲めっていうから、子供の頃は頑張って飲んでたんだけど・・・大人になった今もやっぱり体質は変わらないみたい。

  牛乳を飲んで下痢をする人は「乳糖不耐症」と呼ばれてるのよ。そういう体質の人は代わりにヨーグルトにしたらいいわよ。ヨーグルトは乳酸菌の乳糖分解酵素がそのまま腸に届いて乳糖を分解することで、下痢の心配がないのよ。

  確かにヨーグルト食べてもお腹がゆるくならない。美味しいし、大好き。

  美味しいわよね!腸内のビフィズス菌を増やすのにもってこいの食材だしね。栄養も豊富で体にいいことたくさんあるし、毎日摂ってもいいくらいよ。
  本当だったら1日で500ミリリットルが理想なのよ。

  500ミリリットルってなかなか多いよね。プレーンなヨーグルトで1パック分くらいあるような・・・。1日3食のときに分けて摂るくらいじゃないと続かなそう。

  そうね。ヨーグルトは摂取したら、腸内のビフィズス菌を含んだ善玉菌が増えて悪玉菌が減ってくれる優れた食材だから、飽きないように量を分けて、トッピングにフルーツを使って味を変えたりして工夫して食べるといいわね。そうそう、ヨーグルトといっても全てにビフィズス菌が入ってるわけではないから、「ビフィズス菌入り」と明記されているのを選ぶことを忘れずに。

  ヨーグルトっていうだけで体によさそうだと思ってしまってたけど、せっかく買って腸に良い効果がなかったらがっかりだから、ちゃんと表示をチェックするわ!ビフィズス菌しか知らないけど、栄養もある?

  そうよ。タンパク質、カルシウム、脂肪、ビタミン、ミネラルがバランス良く含まれているのよ。

  わぁ、そんなに! じゃあヨーグルトだけ食べてても何とかなるんじゃ・・・

  こらこら。どんなにいい食材でも偏ったらダメ。食事代わりにヨーグルトだけ、なんて食生活をするより、ヨーグルトをしっかり摂って、他の野菜や果物もしっかり合わせて摂らなくちゃ。それと口から摂取するビフィズス菌は腸に定住するわけではないの。だから毎日摂らないとダメよ。

  腸に入って勝手に増えてくわけじゃないってことね(汗)。

  そうよ。日々の蓄積を継続して、腸内バランスは徐々に変わっていって、良い状態をキープしていけるのよ。でもここでオリゴ糖を是非一緒に摂ってもらいたいの。
  ヨーグルトのビフィズス菌がオリゴ糖をエサにすることで、よりビフィズス菌が増えて、腸内環境の改善を促進することができるわ。

  プレーンのヨーグルトを買ったときは、甘さを求めて砂糖を入れたりしてたんだけど、それをオリゴ糖に変えれば甘さも補完できるし、ビフィズス菌も増やせるし、一石二鳥だね!

  ヨーグルトに混ぜやすい粉末タイプのオリゴ糖が市販されているから、試してみてね。

おすすめ記事

▲ PAGETOP