オリゴ糖と乳酸菌の相乗効果について

  ねえねえ、腸の健康のために取り入れるとしたらオリゴ糖と乳酸菌、どちらがいいかな?

  どちらもよ!
   だって乳酸菌などの善玉菌はオリゴ糖がエサになってくれることで増やせるんだから。

  ああ、そうか。考えてみたらそもそも乳酸菌ってどんなものなんだろう?

  まずはそこから説明するわね。
   乳酸菌は乳酸を作る細菌のことで、ブドウ糖・乳糖などの糖類を分解して必要なエネルギーを作り出すために人の腸内にいる菌のことよ。善玉菌の代表は、この乳酸菌やビフィズス菌ね。
   乳酸菌が作る乳酸のような有機酸は腸内を弱酸性に保つ働きがあって、悪玉菌が増えにくい環境を作ってくれるの。そして腸に蠕動運動を促すから、便秘予防にもいいのよ。

  あれ?ビフィズス菌って乳酸菌のひとつじゃないの?

  そう思われがちだけど、全然別物なのよ。
ビフィズス菌も乳酸を作れるけど、乳酸菌が作れない酢酸も作れるの。といっても乳酸菌が作る乳酸はビフィズス菌よりも多いから、性質が異なるのね。
   そうそう、ビフィズス菌は人の腸でしか生きられないけど、乳酸菌は乳製品や発酵食品でも生きられるのが大きな違いね。

  そして乳酸菌もビフィズス菌もオリゴ糖をエサにすることは一緒なのね?

  そういうこと!
   乳酸菌は生き物だから、エサがないと生きられないし増えないの。
   乳酸菌がエサとするのがオリゴ糖と水溶性の食物繊維。
   だからもし乳酸菌をヨーグルトで摂るなら、オリゴ糖で味付けして一緒に摂ると相乗効果が出て効果的だと思うわよ。
   ほかにもオリゴ糖を含んだバナナやきなこを使ってヨーグルトドリンクを作っても、美味しいし腸にもいいし、一石二鳥でおすすめよ!

  乳酸菌だけ摂ってもあまり効果がないのかな?

  効果がないってことはないけど、どうせ摂るならその時に善玉菌を増やせるようにオリゴ糖を一緒に摂ったほうが腸内環境はぐっと良くなると思うわ。
   そうだ。乳酸菌にも種類があって、得意分野もやや異なるから、自分の体に必要な種類を選んだらより健康的だと思うわ。どんな乳酸菌があるのか、一部紹介するわね。
●BB536株
生きたまま腸に届いて殺菌パワーのある酢酸を作り出し、免疫力を高める。                         ●BE80株
生命力があり、膨満感が得られる。
●LB81乳酸菌
LB81乳酸菌はブルガリア菌2038株とサーモフィラス菌1131株とを組み合わせたものを呼び、便秘を和らげる効果がある。
●シロタ株
O-157を腸に残らないようにしたり、花粉症の症状を軽くする。
●LGG菌
腸管に不着しやすく、花粉症の鼻づまりを軽減、アトピー性皮膚炎の発症率を下げる。
●SBT2928株
腸内に定着することが認められて、O-157の感染リスクを下げる

 

この他にもまだまだたくさんの種類があるのよ。

おすすめ記事

▲ PAGETOP