花粉症の人必見!腸内環境改善で免疫力UP

  あぁ、もう、鼻ずるずる・・・目もかゆいし・・・。花粉症って辛いよ~。でもうちの家族、特に男連中は平気そうなのよね。

  花粉症はもはや国民病っていう気がするね。くしゃみや鼻づまりも辛いし、かといって薬を飲むと眠くなったりもするし・・・。
  どちらかというと、花粉症は20~40歳代に多くて、女性のほうが多い病気と言われてるみたいよ。春と秋は特に辛い時期よね。一度発症したらずっと出てしまうし・・・。

  花粉症って突然発症するっていうじゃない? バケツの中にどんどんたまっていって、こぼれでたら花粉症生活スタート!みたいなイメージだよね? ずっと平気だと思ってきたのに、そろそろ危ないよ~ってわかればよかったのに・・・(泣)なんで突然?って思っちゃう。

  花粉症の人はみんなそう思ってるかもね。
  人間の身体の免疫機能は、外敵が体内に侵入したときに外敵を排除させるのが普通なんだけど、逆にある一定の排除をして、排除しなくていいと判断されたものは排除する働きを抑制する免疫機能も同時に発生するの。この働きがバランス良く働いている時は花粉が近寄ってきても何ともなく快適に過ごせるんだけど、花粉症はこの免疫の抑制作用が弱まったときに発症すると考えられているんですって。抑制作用が効かなくなって、花粉やウイルスみたいに外敵でないものをいつまでも攻撃してしまうようになるのが、いわゆる花粉症の症状ね。これらは腸内環境の免疫力も関係してるの。

  外敵への攻撃でウイルスが入らないようにするために、必要以上に敏感に反応して鼻水が止まらないほど出たりするってことかな。

  そう。具体的に言うと、外敵が体内に入るとマクロファージ(顆粒球の一種)とヘルパーT細胞(リンパ球の一種)が働いて、B細胞(リンパ球の一種)が「免疫グロブリンA(IgA)抗体」という外敵と闘うたんぱく質を作り出すの。このIgA抗体はアレルギー発症抑制に関わる抗体で、腸内環境が悪い状態になるとこの抗体の働きが弱まって、アレルギーが出てしまうの。

  お医者さんの薬は苦しい症状はぴたっと止まるんだけど、なにせ眠気がすごくて仕事にならないの。それに薬を飲み続けるのって胃腸に悪い気がしちゃって。

  そうね。薬は効き目も強い分、負担も大きいものね。
  完治できるとはいえないけど、そういうときはやっぱり腸内環境を整えて、免疫力を高めることで少し症状が弱めることができると思うわ。腸を元気にすると、身体全体の免疫力も正常になって、花粉への過剰反応を抑えられるっていうわよ。

  腸って体全体に影響するんだね。花粉症にいい腸内環境改善方法って何をすればいいのかな?

  まず肉食の人は魚に目を向けてもらいたいわね。和食ってやっぱり日本人の胃腸に合ってるの。特にお魚にはDHA・EPAの不飽和脂肪酸が含まれていて、炎症・かゆみ抑制作用に効果的なのよ。

  確かにお肉に偏りがちかもしれないなぁ。お魚にアレルギー症状に良い働きがあるなんて知らなかった。もっとメニューに入れるようにするわ。

  是非そうして。他にも食材だったら納豆・塩麹・味噌・ぬか漬け・キムチ・ヨーグルトなどの発酵食品も体にいいわ。善玉菌が含まれているから腸の粘膜の荒れを改善してくれて、腸内の働きが活発になるの。

  割と普段から自然と摂ってるものが多いかも。でも必ず食卓に並ぶように心がけようっと。

  あと毒素が体に残りがちな人もアレルギーに要注意。便秘体質で毒素が体から排出されずに体内に巡ってしまってる場合ね。これはもう健康的なお通じができるように改善するしかないわね。食物繊維を摂ってどんどん悪い物を早いうちに出すことが肝心よ。

  便秘はアレルギー症状にも影響してくるのかぁ。便秘になったら何もいいことがないね。
  健康的なお通じも心がけなくちゃ。

  オススメなのはオリゴ糖!
  便秘にも効果があるし、発酵食品を食べたときに一緒に摂れば発酵食品に含まれてる善玉菌を増やす働きもあるし、嬉しいことに「免疫グロブリンA(IgA)抗体」を増やす効果もあるんだって。あとね、アレルギー発症のときって、アレルギーの原因となるIgEっていう抗体が作られるんだけど、そのIgE抗体の産出を抑制する作用まであるのよ。

  オリゴ糖を摂るだけで色んな側面から花粉症対策ができそうね!

  甘味料として使えるし、気軽に食事時に摂取できるから、花粉症の人は少しでも免疫力を高めるために試してほしいわね。

おすすめ記事

▲ PAGETOP