オリゴ糖は加熱しても効果はかわらないの?

  オリゴ糖って使い始めると、色んな食材と相性がいいね!最近は酢の物の味付けにオリゴ糖を使ってるんだ。

  いいわね! オリゴ糖は酢のような酸にも強いから、混ぜて一緒に食べても効果が変わらないのよ。

  あ、そっか。何かと一緒に使う時に効果が弱まる可能性があるなんて考えたことがなかったわ・・・。でもよかった、もったいない使い方してなかったみたいで。

  どんな食品でも使えるのがオリゴ糖の特徴ね。

  ビタミンは熱に弱いとかいうよね?せっかくその栄養を摂りたいと思って食べても、食べる時には栄養が破壊されてたらガッカリだな。

  うん。水溶性ビタミンが特に熱に弱いわね。その中でもビタミンCが熱に弱いみたい。

  オリゴ糖は熱に弱かったりしないの? 煮物の味付けに使うようにもなったんだけど、効果が弱まるんじゃ意味がないよね。

  オリゴ糖は熱に強いから、砂糖のように使って大丈夫。とはいっても、実は2~3時間以上加熱を続けると、一部が乳糖や果糖に変わってしまって、オリゴ糖の量が減ってしまうことがあるの。

  え!そうなんだ!!まあ、あんまり2時間以上も時間をかけた煮物は作ったこと無いけど・・・。

  笑。でも使い方を考えれば大丈夫。長時間加熱する場合は、調理時間の後半になってからオリゴ糖を投入して、加熱時間を短くすればいいのよ。

  なるほど!オリゴ糖の効果をフルに生かせるのね。
ということは、紅茶やコーヒーを飲む時の、飲む直前にオリゴ糖を入れる場合は全然心配ないってことだよね。

  大丈夫よ! 腸内環境を整えてお腹にもいいのに、使い方が簡単なのがオリゴ糖の魅力よね!

おすすめ記事

▲ PAGETOP