オリゴ糖ってどんな味?

  オリゴ糖ってずばりどんな味?

  甘み成分があって、甘味料としても使われているから、一言で言えば“甘い”かな。

  お砂糖と比べても遜色ない甘さなの?

  お砂糖に比べると甘さは控えめなものが多いわね。種類によって甘味度に違いがあって、フラクトオリゴ糖は、低甘味で製品によって砂糖の25~35%と幅があるし、乳果オリゴ糖だと甘味度は乳果オリゴ糖の含有率が55%以上なら砂糖の約50%にもなるのよ。

  甘味料として売ってる?

  オリゴ糖からできた甘味料はシロップや顆粒タイプで製品化されてるわよ。今は多くのスーパーで取り扱ってるわよ。

  甘味度が種類によって違うと、味も全然違うの?

  お砂糖だって種類によって風味が異なるように、オリゴ糖も種類によって違いはあるわ。乳果オリゴ糖は良質な甘味と評価されているし。あとは相性があって、たとえばガラクトオリゴ糖は熱や酸に強いから飲み物に使っても味が安定しているし、キシロオリゴ糖は酢を使った飲み物との相性がいいと言われているわ。

  どんな風に使うのがオススメ?

  ヨーグルトに混ぜたり、紅茶や珈琲のガムシロップ代わりに入れたり、料理の味付けに使ったり、幅広く使えるわよ。味の面だけじゃなくて、ヨーグルトみたいな乳酸菌を多く含む食べ物と一緒に摂ればその働きを最大限に高めて相乗効果があるわよ。健康効果がちゃんと厚生労働省に認められたものは、「特定保健用食品」いわゆるトクホのマークがあるから、どうせならそういった品質のいいものを選ぶのも良い方法ね。

  普通の食べ物でオリゴ糖代わりにできるものはある?

  それなら、バナナがいいんじゃない。バナナには豊富なオリゴ糖が含まれているのよ。ヨーグルトにバナナをトッピングしたらオリゴ糖を摂れていることにもなるわ。こんな風にオリゴ糖は一般的な食材の中に自然な形で含まれてるのよ。

  美味しい食材でオリゴ糖が自然と摂れてるっていいことね!

  その通り!工夫をすれば健康効果を最大限に引き出すことが出来るのよね。
  あとは発酵食品のひとつのキムチ!!これには乳酸菌が含まれているからオリゴ糖を入れて食べれば一石二鳥だったりするのよ。

  味の違いはあれど、オリゴ糖は効果があるものが多いと思ってていい?

  もちろんよ。ただ摂りすぎには注意したほうがいいわね。 大豆オリゴ糖っていう種類の場合は、砂糖の70%くらいの甘味があって他のオリゴ糖と比較しても少量で腸内環境を改善する働きがあるから、自分に合った量を考えないと、お腹がゆるくなってしまうこともあるので気をつけて。

  そんなに効くことがあるのね!便秘の人には試す価値がありそう。

  そうなの。便秘解消のために強い薬を飲んでる人は、一度切り替えてみたら自然な改善ができるかもしれないわ。便秘の場合は乳酸菌やビフィズス菌の食品と一緒に摂ったりして、相乗効果を高める工夫をするといいわね。

おすすめ記事

▲ PAGETOP