妊娠中・授乳中でもオリゴ糖は摂取できるの?

  オリゴ糖って誰でも食べていい食材で、妊婦さんもOKだけど(※ 妊婦さんの便秘は天然オリゴ糖で治そう!参照)、赤ちゃんを産んだ後、授乳中でも飲んでて平気?

  もちろんよ。母乳で育てていれば、お母さんの栄養がどんどん赤ちゃんのご飯になっていくから、体が普通の状態よりもっとたくさんの栄養を必要としている状態だもの。
  お母さんの健康状態を良い状態にするためにも、オリゴ糖で腸内環境を整えておくことはとても大事なことだと思うわ。
  それにお腹の中に赤ちゃんがいる大事な時期に摂っていいオリゴ糖なんだから、授乳中でも安全な食品ってわかるでしょ(笑)

  はい、そうです(笑)

  それに何より、母乳にはオリゴ糖が含まれているんだもの。それが赤ちゃんの腸内にもいい影響を及ぼすのよ。

  母乳によって、赤ちゃんはオリゴ糖を知らないうちに摂取することができていたんだね。

  母乳で育った乳児の腸内にはビフィズス菌が早々に定着することが昔から知られていたけど、これは母乳にオリゴ糖が含まれているからだったのよ。母乳には複雑な構造を持つオリゴ糖(ヒトミルクオリゴ糖)が含まれていて善玉菌を増やす因子があるってことはわかってたらしいんだけど、最近になってビフィズス菌からヒトミルクオリゴ糖に含まれる二糖であるラクトNビオースを分解する酵素遺伝子が発見されて、そのラクトNビオースがビフィズス菌を増殖させる因子だってことがわかったんですって。

  当たり前のように母から子に与えてた母乳が科学的に実証されたって感じね。

  そうね。これは人間ならではの素晴らしい特徴みたいで、他のほ乳類の母乳にはラクトNビオースになるオリゴ糖は全く含まれないか、ほんの少しだけっていうことらしいの。
  とにかくそのおかげで、赤ちゃんは生まれてすぐにどんどん善玉菌を増やしていけるってわけなのね。
赤ちゃんだって便秘になることがあるし、オリゴ糖を与えることができるのは赤ちゃんにとっても、とてもいいことなのよ。赤ちゃんの腸内は生まれてから1週間もすれば、腸内は善玉菌でいっぱいになることで、免疫力が弱いことを腸内環境の強さで下痢や感染症から自分の身を守っているの。オリゴ糖は赤ちゃんの健康の手助けに大きく役立っているのよ。

おすすめ記事

▲ PAGETOP