朝食メニュー一覧

みえのお料理コラム

朝食:大事にしていること

朝はとにかく忙しいです。子供たちが7時には「いってきます!」と家を出て行きますので。しかも朝起きてすぐに「ご飯まだ~」の声ですから、すぐにできるものをと考えています。私自身が、朝に弱いタイプで主人に起こされてしまうような失態もあります。
また、主人は毎日お弁当を持っていきますので、それも並行してできるようにしたいと考えています。
このような理由もありますので、できるだけ10分以内で作れるようなメニューでおいしくて栄養もあって、もりもり食べられるようなものを考えています。でも、意外と難しいものなんですよね。
ですから、夜のうちに下ごしらえができるものはしておきます。例えば、レタスはちぎって洗って冷蔵庫に入れておくとか、冷蔵庫の中に朝ご飯用のスペースを設けておいて、考えたレシピに使うものはそこに置いておくなんてこともしています。そうすれば、ちょっとでも時間を短縮できますし、子供たちに「これ出して~」と頼むこともできますから。

主食をパンかご飯かでおかずが変わりますが、汁物はできるだけつけるようにしています。パンの時は時短でできるようなスープとか、夜に多めに作ったお味噌汁など。インスタントはよほどのことがない限り使わないことにしています。
たまにポトフのように具をたくさん入れて、おかず兼汁物みたいにすることも。やはり汁物があると、夏場は塩分を摂取させるのに役立ちますし、冬場は身体を温めることができます。

おかずは、夜の残り物を朝に出すこともありますが、海苔や鮭フレーク、ふりかけや納豆なども大活躍してくれます。しかし、こればかりでは栄養が偏ってしまいますので、野菜を中心とした献立になるように考えています。ワンプレートで出せるおかずの日は、子供たちが喜びますね。目玉焼きとウインナー、茹でたブロッコリーとゆでキャベツのごま和えなんて感じにしています。その際は、ブロッコリーとゆでキャベツは、前の晩に仕込んでおくという感じです。

一番に考えるのは、朝の活力になる食事として力を発揮してくれるものです。しかし、それだけじゃなく、おいしくて思わず顔がほころんでしまうような食事になるものをと考えています。主人も思わずおかわりをしたくなってしまうようなものが目標です。
食事は生きていくためだけに食べるのではなく、楽しんでおいしく食べられるものだと私は考えています。「ただお腹に入れればいい」なんて悲しいですから。

  • カイテキオリゴの説明
  • カイテキオリゴの口コミや詳細はこちら カイテキオリゴの公式サイトはこちら

▲ PAGETOP