即戦力な朝ご飯!ピーナッツバタートースト

朝って、忙しいけど血糖値が素早く上がる朝食を食べて、活動がしやすい状態を作りたいですよね。そんな時に大活躍してくれるのがバナナとピーナッツ。バナナにはカリウムやマグネシウムといった栄養素がたっぷりありますし、ピーナッツにはビタミンEなどの栄養素が豊富に含まれています。

ピーナッツバタートーストは、さっと作れますから、朝の始動に力を発揮してくれるもってこいの朝食となります。おいしく食べて元気に1日をスタートさせませんか!

材料(1人分)

  • 食パン

    1枚:8枚スライスの方が食べやすいです

  • カイテキオリゴ

    5g×1

  • ピーナッツバター

    大さじ2:甘くないタイプのものの方がいいです

  • バナナ

    1本

作り方《所要時間:約5分》

  • 1

    食パンをトースターで焼く。
  • 2

    ピーナッツバターをパンの全面に塗る。
  • 3

    スライスしたバナナをのせる。
  • 4

    カイテキオリゴを上からふりかける。
  • 5

    お皿にのせ、飲み物を用意したらできあがり

コツやポイント

「朝からたくさん食べられない」という人にも、「バナナをのせたら食べにくい」と感じる人も8枚スライスがおすすめです。

ピーナッツバターは、甘い物を塗ってしまうと甘くなりすぎてしまいますので、スキャッピーなどの甘くないタイプのものを使います。バナナとカイテキオリゴのおかげで甘さがちょうどいいところまでになりますので、ピーナッツバターはぜひ、甘くない物を!

バナナは食べにくくならないように、薄くスライスするといいでしょう。時間がないからと1本そのまま挟んでもいいですが、ちょっと手間をかけると違います。

飲み物は、朝食ですのでカルシウムが取れるように牛乳がオススメですが、目覚めを良くしたいのならコーヒーでもいいですね!

感想

即エネルギーに変わる食材を使っていますので、朝から活発に動かなくてはいけないときには簡単に準備ができます。栄養が豊富で、おいしくて元気が絶対に出てくる朝食です!
甘くないピーナッツバターで作っても、ちゃんと甘さもピーナッツの風味もバナナと混ざり合って口の中でとろけちゃいますので、ぜひ、甘くないものを使って欲しいと思います。

バナナの中には、食物繊維がたっぷり入っていますし、カイテキオリゴを使いますので、便通も良くなりますよ。また、8枚スライスの食パンを使うことで食べ過ぎを防止することもできますので、一石二鳥です。


  • カイテキオリゴの説明
  • カイテキオリゴの口コミや詳細はこちら カイテキオリゴの公式サイトはこちら

▲ PAGETOP