炭水化物を少なく!茄子入りにゅうめん

ダイエット食を作るのに大事なことは、何と言ってもおいしくてカロリーが少なく、炭水化物が少ないことではないでしょうか。まったく摂らないというのは良くありません。だから、あえて茄子を麺に見立てるようにして、量のかさ増しをしました。そうすれば、食べ過ぎを防ぐ事ができます。いくらそうめんだと言っても食べ過ぎてしまってはダイエットになりませんからね。

野菜も茄子だけではなく、薬味として使うものはあえて生で摂ることにしました。酵素や食物繊維は、身体の味方でとても大切です。この分量ならお腹もいっぱいになりますし、食べやすいはずです。

材料(1人前)

  • そうめん

    1束の半分ほど

  • 茄子

    1本

  • 鶏のささみ

    1本

  • かつお節

    薄切りで小分けのものを1袋

  • めんつゆ

    大さじ2:お好みで調節可

  • みょうが

    1~2個

  • カイテキオリゴ

    10g

  • 500cc

作り方《所要時間:約15分》

  • 1

    鍋に水をかけ、かつお節を入れて沸騰させる。
  • 2

    沸騰し、3分ほど煮立たせたらかつお節を取り除き、カイテキオリゴとめんつゆを入れて味をととのえて火を止めます。
  • 3

    ささみはそぎ切りにし、茄子は皮をむいて細長くなるように切り水につけてアクを抜きます。

  • 4

    ささみはそぎ切りにし、茄子は皮をむいて細長くなるように切り水につけてアクを抜きます。

  • 5

    鍋をまた火にかけ、ささみと茄子を入れて煮込み、茄子に色がつくまで煮ます。
  • 6

    茄子とささみに火が通ったら、そうめんを同じ鍋に入れて煮込みます。
  • 7

    ゆっくりとかき混ぜながら、麺が茹だったら火を止めてどんぶりに移します。
  • 8

    上からみょうがを乗せればできあがり。

コツやポイント

温かい麺を食べると、ほっとして心も温まります。それにダイエット中は身体を冷やさないことが大切です。だから、できるだけ温かいものを食事として用意するように考えました。

薬味にみょうがを選んだのにはわけがあります。抗菌効果と血流を改善してくれる効果があるからです。それに刺激のある苦みが温かい麺のアクセントにもなるといった点で選びました。

ダイエット中はおいしいものを食べたくなる傾向にあります。だからこそかつお節からダシを取って、おいしくしあげる必要があるのです。このひと手間で満足感がまったく違ってきますよ!

感想

おいしいものを食べたくなるのがダイエットをしている人の悩みなのではないでしょうか。それをちょっとの手間で叶えることができるのであれば、いいに越したことはありません。

そうめんだからついつい食べ過ぎてしまいがちにならないよう、茄子を麺に見立てるなどのことも大切です。それからお肉は大切なタンパク源ですから、ささみや豚肉の脂身の少ないところを入れるようにしましょう。満足感がかなり違ってきます。

  • カイテキオリゴの説明
  • カイテキオリゴの口コミや詳細はこちら カイテキオリゴの公式サイトはこちら

▲ PAGETOP