お腹満足!ささみフライ

晩ご飯に揚げ物が出てくると、つい嬉しくなってしまいますよね。それも、唐揚げやとんかつなどの肉を使った揚げ物であったなら「やったー!」と叫ぶほど子供たちは喜ぶでしょう。

しかし、体型の気になってくる年代であるお父さんやお母さんには思いっきり食べられない思いが見え隠れしてしまいますし、おじいちゃんおばあちゃんからは、「脂っこいから」と敬遠されがちに…。そんなみんなの悩みを一気に解消するために、ささみを使いましょう。

材料(4~5人分)

  • ささみ

    1パック:250g程度

  • パン粉

    適量

  • 小麦粉

    適量

  • 溶き卵

    1個

  • ハーブソルト

    大さじ1

  • カイテキオリゴ

    15g

  • 健康オイル

    適量:コレステロールを下げたりするもの

作り方《所要時間:約30分》

  • 1

    ささみの筋を取り、半分に切る。
  • 2

    肉を切り終えたら、ボールに入れハーブソルトとカイテキオリゴを入れて手で揉むようにして下味をつけ、5分ほどそのままにしておく。
  • 3

    小麦粉・溶き卵・パン粉を用意して、この順番通り衣をつけていく。
  • 4

    健康オイルを揚げ物用の鍋に注ぎ、180度まで熱する。
  • 5

    パン粉を落としてみて、火の頃合いが良ければ、衣をつけたささみを入れて揚げる。
  • 6

    両面がきつね色になったら、油を良く切る。
  • 7

    盛りつけたらできあがり。

コツやポイント

ささみの筋を切ることと、半分にすることで早く火が通るようになりますし、早く揚がります。それに下味をつけることで、ソースなどを使わなくてもおいしく食べることができます。

サクサクにして、食感も楽しませるために揚がったら、さっと油から上げることがポイントです。 たくさん作っておくと、サンドウィッチの具にしたり、お弁当に入れることもできます。また、ささみフライを使って、変わり種の親子丼を作ることも!

感想

晩ご飯が肉料理の揚げ物っていうだけで、嬉しくなってしまいますよね。買ってきたものではなく、最初から手作りすることでおいしさも増します!短時間で出来ますが、筋切りや半分に切っておくことを時間のある時にしておけば、もっと早く作ることが可能です。食べ盛りの子どもも、体型が気になる親世代も、脂っこい物が嫌な高齢世代も楽しくおいしく食べることができる料理の1つです。

下味を簡単にでもつけておくと、ソースなどの調味料がいりませんので経済的!また、下味をにんにく醤油に変えてもおいしく食べることができますよ!

  • カイテキオリゴの説明
  • カイテキオリゴの口コミや詳細はこちら カイテキオリゴの公式サイトはこちら

▲ PAGETOP