夕食メニュー一覧

みえのお料理コラム

夕食:みんなのためにできること

1日の食事の中でも最も楽しみなのが夕食ではないかと考えています。家族で食べる夕食は、家族それぞれがどう過ごしたかを話ながら、または楽しいテレビを見ながら心も身体もゆったりさせて食べることができる食事だと思います。私の実家は大家族でワイワイがやがやしながらの夕食でした。外でどんなに嫌なことがあってもみんなで食べる夕食があるから頑張れるようなところもあったと思います。ですから、私もそれを実践できるよう頑張っています。
夕食として出すおかずも魚と肉を交互にしています。主菜と副菜2品を目標にして毎日作っています。
家族に年齢差がありますので、副菜はおじいちゃんやおばあちゃんが好きそうなものを1品、子供たちが好きなものを1品といった具合に作るようにしています。

主菜は、たくさん食べられるように多めに作ります。遠慮しながら食べるよりお腹いっぱい食べて欲しいと思ったから。6人家族なので最低でも8人前くらいは作ります。
肉料理は、みんなが大好きですから牛肉・豚肉・鶏肉を使い、和食や洋食、中華にとアレンジをしていきます。
魚は、子どもでも食べられるようにすることを目標に頑張っています。フライや焼き魚といったものだけでなく、ほんのちょっとだけ工夫をして出すようにしていますね。その方がたくさん食べてくれます。

副菜は、お弁当にも入れられるようなもので、野菜を中心にして作ります。サラダのような簡単に作れる物から切り昆布の炒め煮のようなものまで野菜をたくさんの種類を調理します。身体のことを考えると、やはり野菜をたくさん食べた方がいいですし、身体も丈夫になりますしね。
注意している点は、焼いたもの・煮たもの・生のもの・揚げたもの・蒸したものの調理法のうち、これらが重ならないようにして作ることを心がけています。そうすれば、さまざまな栄養素を取り入れることができますし、「1品目を作っているうちに2品目を作る」が可能になり、時間も短縮できます!

下ごしらえが必要なものは、昼食時に行っています。料理だけにかかりきりになってしまうと他の家事が進みません。ですから、夕食のメニューは朝のうちに決めておいて、必要な材料を準備します。(冷凍されているものを出しておくとか)昼食のあとに下ごしらえを少しだけ行って。(肉や魚の下味つけはこの時に!)そうすると、料理の手順が明確化されますので、さっと作ることができます。

主人の実家に住み始めてから夕食は5時半なので、どうしてもこうしないと間に合わなかったんです。でも、今はそれが当たり前のようにできるようになりました。
下ごしらえをするかしないかで、料理のおいしさが格段に違いますから!

  • カイテキオリゴの説明
  • カイテキオリゴの口コミや詳細はこちら カイテキオリゴの公式サイトはこちら

▲ PAGETOP