多めに作って次の日のお弁当にも入れちゃおう!
なすとピーマンの甘味噌炒め

夕食を作るときは、副菜の味付けを若干ですけど、濃くしています。理由は、お弁当に入れたいから。主人は毎日お弁当を持っていくので、夕食に出したおかずをお弁当にも入れることがあるからです。

薄い味付けだと、夕食もお弁当もそれなりな感じになってしまいます。どうせ副菜をつくるのなら、「ご飯がススム~」となってもらいたいではありませんか。

しかもなすやピーマンは子どもが嫌いな野菜の上位にランクインしています。これをおいしく食べてもらうために甘味噌仕立てにしてみました。

材料(3~4人分)

  • なす

    中3本

  • ピーマン

    2個

  • 合い挽き肉

    半パック

  • 味噌

    大さじ2

  • みりん

    大さじ3

  • カイテキオリゴ

    15g

  • しょうが

    小さじ1:チューブでもOK

  • ごま油

    適量

作り方《所要時間:約15分》

  • 1

    なすはへたを取ってから、半分に切り斜めにスライスして水につけてアクをぬく。
  • 2

    ピーマンは種を取り、細切りにしておく。
  • 3

    味噌・みりん・カイテキオリゴ・しょうがをボールに入れてタレを作っておく。
  • 4

    熱したフライパンにごま油をひいて、ひき肉を炒める。
  • 5

    肉に火が通ったら、いったんフライパンから出し、ごま油を足してなすとピーマンを入れて炒める。
  • 6

    なすがしなっとしてきたら、ひき肉を再投入し、甘味噌だれも一緒に入れて一気に混ぜ合わせる。
  • 7

    全体にたれが行き渡ったら、火を強めて味をしみさせる。
  • 8

    甘味噌だれがブクブクいったら、火を止めて皿に盛りつけてできあがり。

コツやポイント

なすは①のように水につけてアク抜きをきちんとしないとなす嫌いな人には本当に嫌がられてしまいますので、この手間を惜しまないようにしましょう。

ひき肉は、合い挽きの方がおいしくできますが、カロリーを減らしたいと考えている場合は鶏ひき肉でも大丈夫です。それと、肉の食感が少しあると食べたときに全然違いますので、細かく炒めてしまうことのないように気をつけましょう。

時間を短縮して作るためにも甘味噌だれは先に作っておくことをおすすめします。

感想

副菜といえども、主菜級なお料理です!「ちょっと何か足りないかな」と思うときにすぐ作れますので、甘味噌だれの作り方を知っておくといいですよ。他のお料理にも活躍させることができます。

ご飯のおかずにもなりますが、濃いめに作りますのでお酒のつまみにも最適です。それにお弁当のおかずにもなりますから、大変重宝するお料理になっています。

うちの子供たちはタレをご飯にかけて食べたがるくらい喜びます。ぜひ一度作ってみませんか!

  • カイテキオリゴの説明
  • カイテキオリゴの口コミや詳細はこちら カイテキオリゴの公式サイトはこちら

▲ PAGETOP