すぐできる!イチゴジャム

初夏にしか手に入りにくかったイチゴですが、今は年中手に入りますね。それでも時季はずれで小粒のものはすっぱいです。しかし、イチゴジャムを作るには最適なんですよ!

手作りのイチゴジャムって長持ちがしませんから、私は1回分ずつ作るようにしています。その方がおいしいですし、やっぱり鮮度が違います。子供たちはプレーンヨーグルトにかけて食べるのが好きなので、晩ご飯の準備の時に一緒に作って、デザートとして出しています。

カイテキオリゴを使うことで、短時間でできますしお砂糖を入れたことで汁が出る待ち時間を必要としませんので本当にラクに作ることができます!

材料(1回分)

  • カロリー

    約101 kcal

  • イチゴ

    150g

  • カイテキオリゴ

    5g×5

  • レモン汁

    小さじ1

作り方《所要時間:約30分》

  • 1

    イチゴは洗ってへたをとっておく。
  • 2

    小鍋にイチゴを入れて、カイテキオリゴを入れる。
  • 3

    レモン汁を入れ、全体に混ざるようにする。
  • 4

    そのまま10分程度置いておく。
  • 5

    早く煮るためにフォークでちょっとだけイチゴをつぶす。
  • 6

    そのまま弱火にかけて煮る。
  • 7

    アクが出てくるので、それを取りながらさらに煮詰める。
  • 8

    液体に少しだけとろみが出てきたら火を止めて冷ます。
  • 9

    冷めたら容器に移してできあがり。

コツやポイント

お砂糖と違ってカイテキオリゴを入れる場合は、早く作ることができます。イチゴからの水分が出るまでに時間がかかりますから、少しだけつぶすことで煮やすくなります。大量に作ると、数日で風味も味も落ちてしまいますから、家族の人数に応じて使い切りできる量で作る方がいいようです。

また、水分が少ないので放っておくようなことはせず、こまめにかき混ぜアクを取りましょう。焦がしてしまわないように弱火で調理することをお忘れなく!

甘さがスッキリしていますので、ヨーグルトにもトーストにも何にでも合いますよ。また、クッキーやクラッカーにのせても美味しいので、ぜひ試してみてください。

感想

イチゴジャムを1回分ずつ作るのって面倒だと思うかもしれませんが、本当に簡単にできるので、苦になりませんよ。

生で食べたときとは比べものにならないくらいの甘さとおいしさで、一度口にしたら「市販のものはちょっと…」ってなります。

お砂糖を使わないでできますので、甘さを控えなくてはいけない人にも食べてもらえます。アレンジ次第でどんなものにも使えるのが、手作りジャムの良いところいいですよね!

  • カイテキオリゴの説明
  • カイテキオリゴの口コミや詳細はこちら カイテキオリゴの公式サイトはこちら

▲ PAGETOP