作り置きが便利!ひき肉と野菜の炒め煮

冷蔵庫の隅などに残っている中途ハンパな野菜をおいしく食べるために考えました。

ひき肉を入れて作ることで、ご飯にかけてもパンに乗せてもおいしく食べられます。また、オムレツの具にしたり、あんかけの具にするなんてこともできる万能なものです。常備菜のようなものと言えましょうか。

これは、作り置きが可能です。冷蔵庫での保存で7~10日は持ちます。

材料

  • ひき肉

    450g

  • キャベツ

    1/8切れ

  • にんじん

    1/2本

  • 玉ねぎ

    1/2個

  • カイテキオリゴ

    15g

  • しょう油

    100~150cc

  • 砂糖

    大さじ3

  • みりん

    大さじ2

  • サラダ油

    少々

作り方《所要時間:約30分》

  • 1

    野菜は粗めのみじん切りにしておく。
  • 2

    フライパンを熱し、サラダ油を入れて強火にする。
  • 3

    ②にひき肉を入れよく炒める。
  • 4

    ひき肉に火が通ってきたら、野菜を入れてさらに炒める。
  • 5

    野菜に火が完全に通ってしまう前に、しょう油・砂糖・みりん・カイテキオリゴを入れて味見をしながら味を整える。
  • 6

    味が整ったら、火を弱火にして汁気がなくなるくらいまでかき混ぜながら煮詰める。
  • 7

    汁気がなくなってきたら容器に移して、できあがり。

コツやポイント

入れる野菜は何でもいいです。冷蔵庫に途中ハンパで残っているようなねぎ(青い部分でも可)や大根の葉、小松菜など自宅にある野菜で作ります。ただし、イモ類は溶けてしまうので向きません。

ひき肉はだいたい1パックが目安です。野菜と同等くらいがちょうどいいです。

味付けをする時は、必ず味見をしながら行いましょう。煮詰めるので、少し薄味でも大丈夫です。すき焼きのタレが余っているご家庭は、それを使っても作れます。その際は、しょう油をなくし、砂糖も少なめにしましょう。

感想

これでご飯を何杯も食べてしまうほどおいしいです。野菜もたくさん食べることができますし、他のおかずに使い回しをしたりできるので、1度作っておくとかなり重宝します。

例えば、これをスープの具にして、後から玉子を割り入れるだけでも簡単なスープができますし、餃子の皮で包んで水餃子っぽくしてもおいしいです。また、パイ生地でくるんで焼いてミートパイにしてもすごくおいしいですよ。

息子は、これを食パンにのせ、その上にとろけるチーズをのせて焼いて食べるのが好きです。 いろいろな料理に活用出来たり、そのまま食べてもおいしいものなので、ぜひ作ってみてくださいね!

  • カイテキオリゴの説明
  • カイテキオリゴの口コミや詳細はこちら カイテキオリゴの公式サイトはこちら

▲ PAGETOP